ほっとがーるず

女子向け話題のニュースをお届けします。
美容、ダイエット、ネイル、ファッション、スイーツ、カフェなど
ホットでホッとできるブログです。

    カテゴリ: ドラマ


    【俳優】ディーン・フジオカ:日曜劇場「危険なビーナス」で妻夫木聡と初共演 「僕はヒールに徹したい」

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/10(木) 06:56:27.26

     俳優のディーン・フジオカさんが、TBS系「日曜劇場」枠で10月にスタートする妻夫木聡さん主演の連続ドラマ「危険なビーナス」に出演することが9月10日、明らかになった。ディーン・フジオカさんが演じる勇磨は、妻夫木さん演じる主人公の手島伯朗を見下していて、吉高由里子さん演じる矢神楓をめぐって対峙(たいじ)するという役どころで、妻夫木さんとは初共演。「同じ年なので、芝居以外でもいろいろとお話しさせていただけたらと思っています」と語っている。

     矢神勇磨は、矢神家の養子で、都内に複数のダイニングレストランを経営するなど商売の才覚を持ち合わせている。連れ子として矢神家にやって来た伯朗を昔から見下していて、事あるごとに挑発してくる嫌みな男で、明人を捜すために伯朗と共に矢神家を訪れた楓のことを気に入り、明人の妻であることを知りながら強引にアプローチする。「伯朗にとって“大きな壁”のような存在でもあると思うので、とにかく僕はヒールに徹したいと思っています。そんな勇磨と伯朗の間でどんな駆け引きが生まれていくのか、ぜひ注目してください」とコメントしている。

     また、染谷将太さんと中村アンさんの出演も発表。染谷さんが演じるのは、伯朗の弟で楓の夫・矢神明人(やがみ・あきと)。伯朗にとっては、母が矢神家の御曹司と再婚してから生まれた弟で異父兄弟。矢神の血を引き、30億円の遺産の相続権を持つ明人が突然失踪したことで、伯朗は縁を切っていた矢神家と再び関わることになるという物語のキーパーソンとなる。

     中村さんが演じるのは、伯朗が副院長を務める池田動物病院の看護師・蔭山元美(かげやま・もとみ)。一見クールな雰囲気だが、どんな動物にも愛される能力を持つ女性。常に冷静で、伯朗と共に池田動物病院を支えている有能な助手という役どころだ。

     「危険なビーナス」は、東野圭吾さんの同名小説(講談社)が原作。正義感が強く真面目な独身獣医の主人公・手島伯朗(妻夫木さん)が、突然現れ、「弟の妻」と名乗る謎の美女・矢神楓(吉高さん)と共に失踪した弟・明人の行方を追ううちに、30億円もの遺産が絡んだある名家の争いに巻き込まれていく。そんな中で、伯朗は「弟の妻」である楓の魅力に翻弄(ほんろう)されていき……というラブサスペンス。脚本は、連続ドラマ「グランメゾン東京」、映画「キングダム」などの黒岩勉さんが担当する。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2020年09月10日 テレビ
    https://mantan-web.jp/article/20200909dog00m200082000c.html

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    【【俳優】ディーン・フジオカ:日曜劇場「危険なビーナス」で妻夫木聡と初共演 「僕はヒールに徹したい」】の続きを読む


    【ドラマ】吉高由里子、主演・妻夫木聡と初共演! 「半沢直樹」後枠『危険なビーナス』で

    1 湛然 ★ :2020/09/03(木) 05:10:50.62

    2020.9.3 04:00SANSPO.COM
    吉高由里子、主演・妻夫木聡と初共演! 「半沢直樹」後枠「危険なビーナス」で
    https://www.sanspo.com/geino/news/20200903/geo20090304000011-n1.html

    (出典 www.sanspo.com)



     女優、吉高由里子(32)が10月スタートのTBS系「危険なビーナス」(日曜後9・0)に出演し、主演俳優、妻夫木聡(39)と初共演することが2日、分かった。人気作家、東野圭吾氏(62)の同名傑作ミステリーが原作。巨額の遺産をめぐる謎に挑む主人公を翻弄する謎の美女を演じる。さまざまな表情を見せる演技派女優は「2人の距離がどのように縮まっていくのか楽しみに見て」と視聴者の心も手玉に取る。

     ほんわかした雰囲気をまとう吉高が、日曜夜に“危険なビーナス”と化す。

     東野作品「危険なビーナス」は、獣医の伯朗(妻夫木)が「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高)に翻弄されながら、失踪したという弟や30億円の遺産をめぐる謎を追うラブサスペンス。

     数々の人気作に出演してきた妻夫木と吉高は面識こそあるものの、意外にも共演は初めて。吉高は2013年にヒロインを務めたフジテレビ系「ガリレオ」、妻夫木も12年に同局系オムニバスドラマ「東野圭吾ミステリーズ」で東野作品の世界観を体現してきた。

     先月下旬にクランクインした吉高は「昔から妻夫木さんの出演作品を視聴者として見てきたので、ご一緒させていただけて光栄」と感激。

     東野作品については「読者に何かを問いかけるような独特のミステリアスさがあり、ドラマではそれぞれの人物が人間らしく描かれている」と分析。謎多き女性の楓を演じるにあたり、「『怪しい?』『怪しくない?』と見ている方にも伯朗と同じように揺れ動きながら見てもらえたらうれしい」と力を込めた。続けて「『来週の放送早く来~い!』と思っていただけるように、精一杯撮影に取り組んでいきたい」と誓った。

     妻夫木は「最初に台本を読んだときから、楓を吉高さんが演じている姿がすごく想像できていた。原作でも描かれている『捉えどころのない雰囲気』に加え、ドラマでは楓のチャーミングな部分も出てくる」とハマり役をアピールした。

     「危険な-」が放送される日曜劇場枠は「半沢直樹」が放送中で、第7話までの平均視聴率が23・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初タッグの妻夫木と吉高が、注目の枠でドラマの魅力を倍増させる。

     ◆あらすじ

     動物病院の院長代理を務める独身獣医・手島伯朗(妻夫木)は、「弟の妻」を名乗る謎の美女・矢神楓(吉高)と失踪した弟の行方を追い、30億円もの遺産が絡んだ矢神家の争いに巻き込まれる。伯朗にとって矢神家は実父の死後に母が嫁いだ先で、弟は異父弟。母亡き後は矢神家と距離を置いていたが、弟の行方を追う中で楓の危険な魅力に翻弄されていく-。

    (おわり)


    【【ドラマ】吉高由里子、主演・妻夫木聡と初共演! 「半沢直樹」後枠『危険なビーナス』で】の続きを読む


    【俳優】横浜流星、「私たちはどうかしている」でメッセージ「怒涛の展開が続きますので、絶対見てくれよな!!」

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/23(水) 22:25:13.66

    9/23(水) 21:30
    スポーツ報知

    横浜流星、「私たちはどうかしている」でメッセージ「怒涛の展開が続きますので、絶対見てくれよな!!」
    横浜流星
     俳優・横浜流星(24)が23日に自身のインスタグラムを更新し、女優・浜辺美波(20)とダブル主演の日本テレビ系連続ドラマ「私たちはどうかしている」について「絶対見てくれよな!!」とファンに呼びかけた。30日の最終回は2時間スペシャルに決まっている。

     横浜は第7話を前に「残すところあと2話です。怒涛の展開が続きますので、絶対見てくれよな!!」とメッセージを寄せた。

     内容について「#3年後の椿 #つらかったです」と予告し、改めて「#みてくれよな!」とつづった。

     ファンからは「3年後の椿…やっぱり相当辛いんですね 最後まで見届けます」「椿さまと七桜ちゃんの幸せを願ってます」「タオル用意して見ます」「髪型変わってまた良いですね!」などのコメントが集められている。

     浜辺が演じるのは和菓子職人・七桜(なお)。初恋相手で幼なじみだった和菓子屋の跡取り息子・椿(つばき、横浜)と再会するが、実は2人は「容疑者の娘」と「被害者の息子」。過酷な運命に翻弄されながらもひかれ合う姿を描く。

     また女優の観月ありさが和菓子店「光月庵」のおかみ・今日子役で初のヒールを演じている。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/4d4b6df6654d7f43b662887fe20099b92bf518e2


    【【俳優】横浜流星、「私たちはどうかしている」でメッセージ「怒涛の展開が続きますので、絶対見てくれよな!!」】の続きを読む


    【ドラマ】森七菜が連ドラ初主演 コンビニアルバイトと社長の甘い恋 10月スタートTBS「この恋あたためますか」

    1 湛然 ★ :2020/09/05(土) 05:04:47.55

    森七菜が連ドラ初主演 コンビニアルバイトと社長の甘い恋 10月スタートTBS「この恋あたためますか」
    9/5(土) 4:00スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/43eb98fc1ac6a27abe1601770b605712481601cf
    10月スタートのTBSドラマ「この恋あたためますか」で連続ドラマに初主演する森七菜(左)と相手役の中村倫也

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     女優の森七菜(19)が連続ドラマに初主演する。10月スタートのTBS「この恋あたためますか」(火曜後10・00)で、夢に向かって突き進む女の子のラブストーリー。森がアルバイト店員、恋の相手となるコンビニチェーン社長を中村倫也(33)が演じる。

     原作のないオリジナル作品。アルバイトと社長、年齢差は10歳という立場の異なる2人の恋愛模様を描く。

     森が演じるコンビニ店員の樹木(きき)はアイドルになる夢が破れ、無気力にアルバイトをしている21歳。趣味がSNSでのスイーツ批評で、これが社長の目に留まり人生が一変。一緒にスイーツ開発を手掛けることになり、次第に男女として意識していく。新たな夢に前を向く主人公を、成長中の森が等身大で演じる。

    (相手役に中村/) 森は今注目の若手女優。NHK連続テレビ小説「エール」にヒロインの妹役で出演しているほか、大塚製薬「オロナミンC」などCMでも活躍中。ドラマの制作側はその魅力について「元気なハツラツさと同時に、揺れている心模様、そして意志の強さをいっぺんに感じさせる不思議な表情やしぐさを見せてくれる」と説明。主人公役のイメージに合うと抜てきした。

     森は初主演ドラマにも物おじせず、「これからどんな景色が見えてくるのかワクワクしてます」と撮影を心待ちにしている。「お仕事とスイーツと恋。甘くて苦い日々にどう突き進んでいくのか、楽しんでいただけたらうれしい」とPRした。

    (おわり)


    【【ドラマ】森七菜が連ドラ初主演 コンビニアルバイトと社長の甘い恋 10月スタートTBS「この恋あたためますか」】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/09/19(土) 20:32:09.35

    2020/09/17 12:30 配信


    (出典 thetv.jp)

    薬剤師ドラマ「アンサング・シンデレラ」
    (C)フジテレビ

    石原さとみ主演のドラマ、木曜劇場「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」。同枠では「グッド・ドクター」以来2年ぶりの視聴率二桁発進、初回の見逃し配信でもフジテレビ歴代1位となるなど好スタートを切った。その後視聴率としては大きく伸びることができていない本作だが、主人公の脇を固める女優、ゲスト出演の女優たちの熱演に「かっこいい」「演技力にぞくっとした」といった声が集まっている。




    ストーリーを支える“名脇役女優”たち

    病院内にある薬剤部で、主に患者の薬の調剤、製剤を行う“病院薬剤師”たちの知られざる舞台裏を描いた荒井ママレの漫画が原作。 “アンサング”とは「褒められない」という意味。病院薬剤師たちは、“縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)”として患者のために奮闘する、その女性薬剤師がヒロイン(=シンデレラ)の作品だ。

    日本の連続ドラマ史上初めて病院薬剤師にスポットが当てられるということでも放送前から話題になっていた本作。主演の石原、田中圭や成田凌らイケメン俳優、新人役には「あなたの番です」で怪演を見せた西野七瀬、薬剤部部長役には毎年「理想の上司」ランキングに名を連ねる真矢ミキといった注目を集めやすい俳優が名を連ねており盤石の布陣だったのではないだろうか。

    放送が進んでいくとリアリティーの有無や主人公の言動などについて視聴者には賛否両論の意見が上がっていた中、本作のストーリーを支えていた“名脇役女優”たちに心を動かされる場面が多くあった。医療ドラマのように劇的にドラマティックなストーリー展開や手術シーンがない分、心情の機微を捉えたキャラクターの魅力が軸となっていたと言える。




    主人公の背中を押す“ツンツン”上司


    (出典 thetv.jp)

    “ツンツン”な薬剤部主任役を好演した桜井ユキ
    第8話より (C)フジテレビ


    その筆頭に挙げたいのは、薬剤部主任役の桜井ユキ。「だから私は推しました」(2019年7月期、NHK)では地下アイドルの“女ヲタ”役で主演、「G線上のあなたと私」(2019年10月期、TBS系)ではバイオリン教室の講師を熱演した桜井は、今作では効率的に仕事をこなすクールさで少し怖い印象もある役どころ。

    そんな彼女は、同僚に「むだに熱い」などズバッと言うが、無茶をしがちな主人公の背中をぶっきらぼうに押す静かな熱さを持ち、さりげなくガッツポーズ…その冷たさと熱さのギャップに惹きつけられる。

    自身の役柄について撮影前に、「撮影が始まれば自然に仕上がっていくと思っているので、現時点で“こうしよう、ああしよう”とは考えていません。ただ、原作と台本で描かれている刈谷の仕事に対する一本筋の通った姿勢は自分の中で意識して演じていこうと思います」と語っていたが、実際桜井は過去作も含め芯のある役で魅了する目力があるのだ。

    そしてクランクアップ時には「刈谷はツンツンしたキャラクターだったので、劇中ではほとんど笑うことがなかったのですが…(笑)」というコメントも残していたクールキャラ。石原や七瀬が患者と真摯に向き合うキャラクターでいわゆる“良い人”な役回りになった分、その脇にいる桜井の“ツンツン”でごくまれに“デレ”が出るキャラクターの魅力が際立ったという面もあった。
    https://thetv.jp/news/detail/243651/

    弱さと強さを兼ね備えた、穂志もえから患者役の底力 (2/2)
    https://thetv.jp/news/detail/243651/p2/


    【【薬剤師ドラマ】「アンサング・シンデレラ」を支える“名脇役女優”の存在】の続きを読む

    このページのトップヘ