ほっとがーるず

女子向け話題のニュースをお届けします。
美容、ダイエット、ネイル、ファッション、スイーツ、カフェなど
ホットでホッとできるブログです。

    カテゴリ: 映画


    【映画】柳楽優弥×有村架純×三浦春馬「太陽の子」映画版2021年公開決定

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/09(水) 21:34:54.61

    2020年9月9日 7時00分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0118467

    (出典 img.cinematoday.jp)


     柳楽優弥さん、有村架純さん、先日亡くなった三浦春馬さんが共演し、8月15日にNHK総合などで放映されたNHKの国際共同制作・特集ドラマ「太陽の子」の、テレビドラマとは違う視点で描かれた映画版が2021年に公開されることが発表された。

     同ドラマは原爆開発を背景に、時代に翻弄される若者たちの苦悩と青春を描いた、事実をもとにした青春群像劇。NHKとアメリカの ELEVEN ARTS Studios による日米合作作品として製作された。柳楽さんが京大物理学研究室で研究に勤しむ実験好きの若き科学者・石村修、三浦さんが修の弟で戦地から一時帰宅する裕之、有村さんが修と裕之の兄弟が秘かに想いを寄せる朝倉世津を演じた。

     映画版について主演の柳楽さんは「前回のドラマでは、断片的だった物語の続きが映画ではしっかりと描かれます。科学者の苦悩や葛藤も描かれています」と紹介している。

     ドラマは終戦記念日の8月15日に放送されるとTwitterのトレンド入りを果たすなど多くの反響が寄せられた。テレビドラマ「火の魚」「セカンドバージン」などの黒崎博監督が監督・脚本を務めた。共演はイッセー尾形さん、山本晋也さん、國村隼さん、田中裕子さん、ピーター・ストーメアさんら。(編集部・海江田宗)

    黒崎博監督、柳楽優弥さん、有村架純さんのコメント全文は以下の通り

    <黒崎博監督>
    若者たちは今その刹那に命を燃やして生きる。その先に何が待っているかは誰にもわかりようがなく、だからこそ命は尊い。この映画にはそんな人生の一瞬一瞬が刻まれています。日本映画界の第一線を担う俳優たちと、「科学と人間」という巨大なテーマにじっくり向き合った、ひと夏の「格闘の記録」をぜひご覧ください。

    <柳楽優弥さん>
    このお話をいただいた時、戦争というものを僕達の下の世代にも伝えなければいけないと強く感じました。私が演じた修は、研究に対する情熱を燃やしながら自分の行為に疑いを持ち、葛藤していきます。彼の問いを意識しながら、監督と毎日話し合い、自分たちの中での答えを探しながら演じさせていただきました。前回のドラマでは、断片的だった物語の続きが映画ではしっかりと描かれます。科学者の苦悩や葛藤も描かれています。当たり前だった日常や幸せを尊く思える今だからこそ、国内外多くの方にこの作品を見届けていただけたら嬉しいです。

    <有村架純さん>
    戦時中、どれだけの想いを抱えて皆様が生きておられたか、想像してもしても、計り知れません。人々が繋いできてくれた歴史に沿って、自分は生かされているんだと、私はこの作品に参加し改めて感じることができました。きっと当時も、今自分が見ている景色と同じように、太陽の光や緑豊かな木々、何もかも鮮明に映し出され感じ取っていたに違いないと思うと、生きてゆく日々が当たり前でないことを痛感しましたし、再び惨劇の場とならないよう願いたいと思います。ぜひ、ご覧いただき、一緒に考えていけたら幸いです。


    【【映画】柳楽優弥×有村架純×三浦春馬「太陽の子」映画版2021年公開決定】の続きを読む


    杏、アニメ映画「アダムス・ファミリー」完成記念報告会…離婚以来初の公の場

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/11(金) 09:11:29.26

    9/11(金) 8:00配信
    スポーツ報知

    離婚後、初めて公の場に登場した杏

     女優の杏(34)が10日、都内で行われたアニメ映画「アダムス・ファミリー」(25日公開)の完成記念報告会に登場した。

     俳優の東出昌大(32)と離婚して以来、初めての公の場。日本語吹き替え版声優を務める同作について「子どもの頃から見ていた作品。今の時代に復活して、演じることに不思議な気持ちでもあり、うれしかったです」と喜びを語った。杏を始め共演の生瀬勝久(59)、LiLiCo(49)らがアニメの絵とソックリだといい「実写化もいけるんじゃないと思っていました」と期待を寄せた。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/04c9dd650a0b758fad1b38c3a883f91483ec4751


    【【女優】杏、アニメ映画「アダムス・ファミリー」完成記念報告会…離婚以来初の公の場】の続きを読む


    映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし

    1 名無しステーション :2020/09/11(金) 19:19:28.83

    2020年9月12日(土) 18:56 ~ 20:54
    大ヒット映画テレビ初放送! 野原家が新婚旅行でオーストラリアへ!しかし突然ひろしが消えた。果たして無事にひろしを奪還して、春日部に帰ることができるのか!?
    https://www.tv-asahi.co.jp/pr/contents/20200912_11306.html
    https://www.tv-asahi.co.jp/shinchan/news/0080/


    【映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~ 】の続きを読む


    多部未華子が決意の表情…青山真治『空に住む』予告編!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/03(木) 18:41:31.90

     女優の多部未華子が主演を務める映画『空に住む』(10月23日公開)の予告編映像が公開された。

     『EUREKA ユリイカ』などで知られる青山真治監督の7年ぶりの長編映画作品となる本作。郊外の小さな出版社で働く28歳の直実(多部)は、両親の急死を受け止めきれないまま大都会を見下ろすタワーマンションで黒猫のハルと暮らすことになる。そんな彼女の前にスター俳優・時戸森則(岩田剛典)が現れたことで生活が変わり始めるが、心には埋めようのない喪失感を抱えていた。

     公開された予告編映像では、直実と同じくどこか満たされないまま日々を過ごす直実の後輩で妊婦の愛子(岸井ゆきの)や、何不自由なく暮らしている専業主婦の叔母・明日子(美村里江)などの姿も映し出されていく。また、日本を代表する人気スターにふんした岩田のオーラたっぷりな演技も見ることができる。映像の最後には何かを決意したような顔で空を眺めながら伸びをする直実の姿が捉えられ、余韻を残す仕上がりとなっている。三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE が担当する主題歌「空に住む~Living in your sky~」も収められている。

     あわせて公開されたポスターには、両親を亡くして心の整理がつかないままタワーマンションに連れてこられた直実が、空を見上げて切ない表情を浮かべており、空に浮いたようにぼんやりと漂う不安定な心を表現したものとなっている。

     主演の多部は「青山真治監督の描く作品の空気は、参加した私にも言葉にできないとても独特な世界観でした。撮影をしていた約1か月はとにかく、その世界観にどっぷりと浸かりたいという思いで必死だったような気がします」と振り返っている。ほか出演キャストたちも作品についてコメントを寄せている。(編集部・大内啓輔)

    キャストコメント

    多部未華子(主演・小早川直実役):青山真治監督の描く作品の空気は、参加した私にも言葉にできないとても独特な世界観でした。撮影をしていた約1か月はとにかく、その世界観にどっぷりと浸かりたいという思いで必死だったような気がします。様々な受け取り方ができる作品なのかなと思いますが、誰かの心の片隅に残る作品になることを願っています。

    岸井ゆきの(木下愛子役):今回、青山組に参加でき光栄です。この映画は約2年前に撮影しました。現場に流れていた穏やかで丁寧で、キリッとした空気がスクリーンからも見て取れて、今改めてあのときの空気で、落ち着いて深呼吸したような感覚です。2年前と今では大きな変化がありましたが大事なことは変わらずに生活の中にあると思います。ぜひ観てください。

    美村里江(小早川明日子役):活字で読んだときと、映像として人の体温と陰影が重なったあとではずいぶん印象の変わる作品です。雲のように漂っているのは主人公の直実だけではなく、どの人物も色・大きさ・水分量の違う、そして流れている層も異なる一群れの雲に私には見えました。重なっているようで遠かったり、離れて見えて近いこともあるのかもしれません。

    岩田剛典(時戸森則役):青山さんは現場でしか出せない空気感を大切にされている監督で、多くを語らずとも、ひとつひとつの絵作りや映画としてのクオリティーを高めていく情熱がひしひしと伝わってきました。すごく丁寧な撮影で、役者としてはすごくモチベーションを高めてもらえる良い現場でした。

    鶴見辰吾(小早川雅博役):『レイクサイドマーダーケース』『エリエリ・レマ・サバクタニ』以来、久々の青山真治監督作品に参加。嬉しいなぁ。俺を覚えていてくれたか。青山さんとは同じ年で、彼の作り出す現場の雰囲気が大好きなんだ。美村里江さんと多部未華子さんと猫ちゃんと一緒に幸せで、ご褒美みたいな撮影だった。これから観るのか楽しみだ。

    高橋洋(直実が勤める出版社・上司役):エンドロール、多部未華子さん演じる主人公・直美(28)がスクリーンから消えたあとの余韻の中、観ている僕の頭にはふいに監督・青山真治(56)が浮かび、そのときハタと思いました。直美は……監督自身なのかもしれない……と。だから、なんだ? と言われたらアレなんですけど。だから映画っていいなぁ、と自分は思ったのです。沁みます。


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2020年9月3日 8時15分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0118331

    (出典 img.cinematoday.jp)


    岩田剛典が国民的スター俳優に!『空に住む』予告編【動画】

    (出典 Youtube)


    【【映画】多部未華子が決意の表情…青山真治『空に住む』予告編!】の続きを読む


    芦田愛菜、“信じること”を熱弁 達観ぶりに永瀬正敏ら感嘆「これ以上の答えはない」

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/04(金) 00:00:20.23

    9/3(木) 14:11配信
    オリコン

    “信じること”を熱弁した芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.

     女優の芦田愛菜(16)が3日、都内で行われた映画『星の子』(10月9日公開)の完成報告イベントに登壇。“信じる”がテーマのひとつになっている本作で、芦田自身が「信じる」ことに対する考えを熱弁すると、共演の永瀬正敏(54)も「しっかりしてるでしょ!」と褒めちぎった。

    【動画】高校生とは思えない大人顔負けの発言をする芦田愛菜

     “信じる”について芦田は「裏切られたとか期待していたとか言うけど、その人が裏切ったわけではなく、その人の見えなかった部分が見えただけ。見えなかった部分が見えたときに、それもその人なんだと受け止められることができる、揺るがない自分がいることが信じることと思いました」と高校生とは思えない回答を披露。

     続けて「揺るがない軸を持つことは難しい。だからこそ人は『信じる』と口に出して、成功したい自分や理想の人物像にすがりたいんじゃないかなと思いました」と言葉の中に潜む人の心理を指摘した。

     この答えにメガホンをとった大森立嗣監督(49)は「難しいよ!」と感嘆。永瀬も「これ以上の答えはないですよ」とたたえた。

     この日のイベントには、原田知世(52)も出席。芦田との共演について原田は「小さいときから活躍している姿を見ていたので、親しみを持ってご一緒しました。16歳になって、すてきな女の子になりましたけど、見ていると幼いころのかわいらしい姿も見えてきて、自然と愛しい気持ちになりました」と話していた。

     本作で芦田が演じるちひろは、“あやしい宗教”を深く信じている両親のもとで過酷な青春を過ごす中学3年生。『紙屋悦子の青春』(2006年)以来、14年ぶりに夫婦役で共演する永瀬と原田は、ちひろの成長を愛情たっぷりに見守る一方、病弱だったちひろを救った“水”と、その水を販売する宗教を深く信じてしまったことで、日に日に貧乏になり、挙句の果てにおそろいの緑ジャージしか着なくなる両親を演じる。


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 Youtube)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/bdcd31b6fa51094a27b9f58874e8eeb8da9aed43


    【【女優】芦田愛菜、“信じること”を熱弁 達観ぶりに永瀬正敏ら感嘆「これ以上の答えはない」】の続きを読む

    このページのトップヘ