ほっとがーるず

女子向け話題のニュースをお届けします。
美容、ダイエット、ネイル、ファッション、スイーツ、カフェなど
ホットでホッとできるブログです。

    カテゴリ: 女子


    【食欲の秋】ダイエットで普通体型になった人、ダイエット方法

    【【食欲の秋】ダイエットで普通体型になった人、ダイエット方法】の続きを読む


    【芸能】ゆいP、30キロダイエット最新ショット オカリナとおそろコーデに「お人形みたいに可愛い」

    1 湛然 ★ :2020/09/24(木) 05:33:59.53

    ゆいP、30キロダイエット最新ショット オカリナとおそろコーデに「お人形みたいに可愛い」
    2020年9月23日 16時53分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20200923-OHT1T50127.html
    おかずクラブのインスタグラム(@okazu_club)より

    (出典 hochi.news)



     お笑いコンビ「おかずクラブ」の公式インスタグラムが更新され、コンビのスタイリストを務めるAyumiさんが、30キロのダイエットに成功したゆいP(34)と相方のオカリナ(35)の最新ショットを公開した。

     Ayumiさんは、ゆいPとオカリナがボーダーのおそろいコーデになっていることに、「実はこれ、1枚のTシャツワンピースなんですよ!」と紹介。「バツんと真ん中あたりで切っちゃって ゆいPさんはTシャツとして、オカリナさんはカットした裾部分をブラウスに縫い付けて、同じボーダーのトップスにしたのです!」と自身がリメイクしたことを明かした。

     ゆいPのコーデについては「色が可愛いからシンプルにボーダーだけでもよかったんですが、長めのリボンで動き出る様にしました!」と細部へのこだわりもつづった。

     フォロワーからは「オカリナ可愛い ゆいP綺麗」「お人形みたいに可愛い」「ますます引き締まったバディを見せびらかしてますね!!もっと綺麗になっちゃうのかな!!」などのコメントが寄せられた。

     また、ダイエットが話題になっているゆいPへの「リバウンドしてるな」という投稿に、Ayumiさんは「OAに合わせて投稿してるので、毎回時系列でアップしてないのです」「時系列的にはごちゃごちゃで、ややこしいですよね…笑」と丁寧に説明した。

    (おわり)


    【【芸能】ゆいP、30キロダイエット最新ショット オカリナとおそろコーデに「お人形みたいに可愛い」 】の続きを読む


    【兵庫】日本酒の化粧水、女子高生コラボ 菊正宗、共同でデザイン(JKの画像あります)

    1 ひよこ ★ [US] :2020/02/24(月) 18:59:52.04

    https://mainichi.jp/articles/20200224/ddl/k28/020/157000c
    会員限定有料記事 毎日新聞2020年2月24日

    (出典 cdn.mainichi.jp)

    できあがった化粧水に笑顔の女子高生=大阪市此花区のコスモビューティー大阪工場、峰本浩二撮影


     清酒大手の菊正宗酒造(神戸市東灘区)は、市立六甲アイランド高校(同区)の女子生徒と共同でデザインした化粧品「日本酒の化粧水」2種を25日から数量限定で菊正宗酒造記念館で販売する。

     神戸の課題を研究する「神戸学」の授業で、当時2年生の女子生徒6人が記念館を訪れたのがきっかけ。酒造会社が化粧品を販売していることを知り、商品開発を提案。「高校生でも手に取りやすい日本酒の化粧水…

    この記事は有料記事です。

    残り281文字(全文468文字)


    【【兵庫】日本酒の化粧水、女子高生コラボ 菊正宗、共同でデザイン(JKの画像あります)】の続きを読む


    タピオカはもう古い 時代は大人バナナ 免疫向上・腸活・美容に効果��

    1 バルガンシクロビル(東京都) [US] :2020/09/16(水) 19:25:58.97


    タピオカの次はバナナジュース!テーマは毎日飲んで健康に。免疫力向上・腸活・美容に特化した大人バナナジュース専門店スタンド「Wellness BY 7daysBANANA 」が9月17日表参道OPEN!

    伊勢神宮参道街で人気を博したカフェがコロナ禍で観光客激減。人気のバナナジュースを専門店スタンドとして全国展開を目指す!来てもらうから行くにチェンジ!植物由来ミルクを揃え、免疫力・美容効果を促進。
    2020年9月16日 18時31分
    株式会社TWIN PLANET

    株式会社ツインプラネット(東京都i渋谷区 代表取締役:矢嶋健二)はこの度、観光名所である伊勢神宮の参道街にて有限会社エヌアール(三重県伊勢市 代表:岡山裕成)が2017年5月よりカフェ店舗運営している「Amamiliving(アマミリビング)」で誕生した大人気ブランド「7daysBANANA(セブンデイズバナナ)」のバナナジュースだけを取り扱った、“免疫力向上”、“腸活”、“美容”効果を強く引き出したブランド「Wellness BY 7daysBANANA(ウェルネスバイセブンデイズバナナ)」を表参道に2020年9月17日よりオープンいたします。コロナ禍で観光客が減少し、多くの方々に届けられなくなったオーガニックバナナジュースを毎日飲んで健康に綺麗になってもらえるようバナナジュース専門店スタンド店からたくさんの方へお届けいたします。

    【伊勢で人気のカフェ「AMAMILIVING (アマミリビング)」で誕生したブランド「7daysBANANA」について】
    2017年5月のオープンからレシピを変えず、丁寧に一杯一杯手作りで作られる「7daysBANANA(セブンデイズバナナ)」のバナナジュース。 バナナジュースを取り扱う業界では老舗ブランドとして話題を集めています。2020年3月には東京大井町店もオープ ン。砂糖を使わず自家熟成による強烈な甘みでヘルシーで健康的なバナナジュースとして人気を集めています。
    ●公式 Instagram:https://www.instagram.com/7daysbanana/

    【Wellness BY 7daysBANANA(ウェルネス バイ セブンデイズ バナナ)について】

    「7daysBANANA(セブンデイズバナナ)」をベースにバナナが持つ“免疫力の向上“、“腸活”、“美容”効果をより強く引き出したブランド「Wellness BY 7daysBANANA(ウェルネスセブンデイズバナナ)」としてオープン。添加物や調味料を一切使用せず、バナナ本来の甘みを自家熟成で引き出したオーガニックバナナジュースを販売。ビタミンB6等を豊富に含むバナナジュースを“7日間毎日”飲むことで健康で綺麗な身体を実現することができます。さらには、オーツミルクや豆乳、アーモンドミルクなど選べる植物由来のミルクや、好みの味に変化させることができるトッピングを数多く取り揃えており、ビーガン(完全菜食主義者)でも気軽にお楽しみいただけます。
    バナナの成分であるセロトニン分泌により生まれる『幸せホルモン』をシェアし、人から人へ幸せの連鎖が生まれ、世界への幸せが広がっていって欲しいという想いが込められているブランドです。

    以下ソース
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000184.000025517.html

    俺のバナナ禁止


    【タピオカはもう古い 時代は大人バナナ 免疫向上・腸活・美容に効果��】の続きを読む


    【社会】美容整形はタブー?3割の女性が「経験あり」「興味あり」女性の自信とルッキズム

    1 首都圏の虎 ★ :2020/08/31(月) 22:30:54.71

    (2020年7月実施 インターネット調査(全国)、20~30代女性200名で分析)

    働く女性たちを徹底研究している「博報堂キャリジョ研」のメンバーが、同世代のミレニアル女性たちのモヤモヤについて、熱い思いと豊富な分析資料を交えあれこれ考える連載。第8回は、タブー視されがちな美容整形について。どうして私たちはきれいになりたいのだろう?

    美容整形に興味ありますか?
    「美容整形」が身近な話題になってきた。電車やテレビ、インターネットで広告はよく目にするし、整形を公表している人気のYoutuberもいれば、過去に手術したことをテレビ番組で告白するタレントまでいる。「美容整形はよくないこと・隠すこと」と捉えられてきたこれまでの価値観が変わり始めている。
    実際に20~30代の女性200人に調査をしてみると、メスを使うような本格的な整形の経験者は少ないものの、整形経験者・意向者・興味層を合わせると3割を超えた。

    美容整形はタブーじゃなくなった?
    整形に対する考えを聞くと「美容整形はよくない」や「ズルい」といった後ろ向きな答えは少なく、逆に「前向きになれることならいいことだと思う」「昔に比べて罪悪感が減った」「タブーだと思っていない」「オープンに話していいことだ」などポジティブに捉える回答が多かった。いまの20~30代は抵抗が少ないことがうかがえる。

    なぜ美容整形をしたい?
    整形を経験した人や興味があると答えた人に、なぜ整形したいと思うのか聞いてみた。
    一番多かったのは「自分に自信を持ちたいから」。裏返すと「いま自信を持ててない」とも捉えられる。
    メイクやダイエットに疲れて整形を考える人も少なくない。「整形なんてしなくてもメイクでどうにかなる」といっても、朝早く起きてカラコンを装着、アイプチして、つけまつげを付け、ノーズシャドーを入れて――きれいになるための労力たるや涙ぐましい。そんな血のにじむような努力をしても、どうにも変えることができない部分もある。こうして整形にたどりつくのだ。

    なぜ日本の女性たちはここまで容姿と自信が密接なのだろうか。昨年発表された日本の国際ジェンダーギャップ指数は153カ国中121位と、非常に低かった。このことから考えられるのは、日本はまだまだ男性優位で、女性が自信を持って生きるのが難しい社会だということ。
    実際に博報堂生活総研の2018年の調査によると、日本の女性は男性に比べて「自信がある」と答えた人の割合が低く、しかもその数字は年々下がっている。(出典:博報堂生活総研 生活定点2018)。

    今回の調査でも、「自分に自信がある」「ルックスに自信がある」「コンプレックスがない」と答えた人はほんの数%しかいない。逆に「自分の容姿に自信を持ちたい」「女性は容姿で評価されやすい」と思っている人が3~4割近くにものぼった。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2ba5786f9c41b7cd94eaad1f855b5b37082cbadd

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【社会】美容整形はタブー?3割の女性が「経験あり」「興味あり」女性の自信とルッキズム】の続きを読む

    このページのトップヘ