ほっとがーるず

女子向け話題のニュースをお届けします。
美容、ダイエット、ネイル、ファッション、スイーツ、カフェなど
ホットでホッとできるブログです。

    2020年08月



    【【トヨタ】ヤリスクロスがカッコよすぎる車はトヨタが最高だよな】の続きを読む


    階戸瑠李さん、急死 31歳 16日放送『半沢直樹』に出演

    1 アコレプラズマ(光) [CN] :2020/08/31(月) 16:38:51.74


     女優の階戸瑠李(しなと・るり)さんが28日、持病のため31歳で急死した。31日、所属事務所の公式サイトで伝えられた。

    https://www.oricon.co.jp/news/2170799/full/


    【【女優】階戸瑠李さん、急死 31歳 16日放送『半沢直樹』に出演】の続きを読む



    1 muffin ★ :2020/08/29(土) 13:13:40.80

    https://hochi.news/articles/20200829-OHT1T50058.html
    2020年8月29日 13時0分スポーツ報知

     女優の榮倉奈々(32)が、16年に結婚した夫で俳優の俳優の賀来賢人(31)との間に第2子を妊娠したことを29日、所属事務所を通じて発表した。関係者によると、すでに安定期に入っているという。

     榮倉は「この度、私事ではありますが、第2子を授かりました。心身共に穏やかに過ごしていきたいと思っております。温かく見守っていただけますと幸いです」とコメントした。

     榮倉と賀来は、2014年10月期のTBS系連続ドラマ「Nのために」の共演をきっかけに意気投合し、翌年夏から交際に発展。約1年の交際を実らせ、16年8月7日に婚姻届を提出した。17年6月に第1子を出産した。

     仕事面でも順調な2人。榮倉は、1月期のTBS系「テセウスの船」(竹内涼真主演)で困難な状況でも明るく振る舞う母親役を熱演。公開中の映画「糸」(菅田将暉と小松菜奈のダブル主演)では、役作りで7~8キロの減量し、体当たりで演じたことが話題となった。10月7日放送の日本テレビ系スペシャルドラマ「東京タラレバ娘2020」は、すでに撮り終わっているという。

     賀来もTBS系「半沢直樹」(堺雅人主演)で、電脳雑伎集団によるスパイラル買収問題に立ち向かう東京セントラル証券の営業企画部・森山役を好演。主演映画「今日から俺は!劇場版」が公開中だ。


    【【女優】榮倉奈々が第2子妊娠を発表】の続きを読む


    工藤ハルちゃんが大確変!!ポスト広瀬すず&土屋太鳳に名乗りを上げ、いよいよ朝ドラ主演女優へ成り上がる

    【工藤ハルちゃんが大確変!!ポスト広瀬すず&土屋太鳳に名乗りを上げ、いよいよ朝ドラ主演女優へ成り上がる】の続きを読む


    v(16)「女優になりたい」

    1 名無し募集中。。。 :2020/08/25(火) 06:32:33.99

    ハロー! プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」の笠原桃奈(16)が、26日から放送開始となる「ほぼ日の怪談。」(テレビ神奈川、水曜午後11時)で、初めてテレビドラマに挑戦した。本紙の直撃に笠原は「将来的には、女優にも挑戦したいという気持ちが芽生えてきました」と告白。さらには、コロナ禍で思うような活動ができていなかったグループへの思いを明かした。

    同ドラマではハロプロの現役&OGメンバー9人が、オムニバス形式でそれぞれ主演する。

    その中で笠原が初出演&主演したのは「高笑いする女」という怪談だ。王道のホラー作品で、初挑戦とは思えない演技を披露した。

    テレビドラマ初挑戦に笠原は「私でいいの?という感じでした。アンジュルムでは、舞台で何度も演じさせていただいたんですが、セリフが多い役ではなかった。なので今回は挑戦でしたね。演技が楽しいことに気付きました」と明*。

    ホラー作品での演技は「また、普通のお芝居と違うんですね」とも。

    「振り向くシーンも怖さを演出するために、普段よりゆっくり振り向いたりとか。すごく勉強になりました。こうやって作品って、できていくんだなと思いました」

    過去に心霊を感じたことは、数えるほどだがあるとか。

    「あるステージの舞台裏の階段で、誰かがいるような気がして…。メンバーに話すと『誰もいないよ』と言われたんですが、別の日に同じ場所に行くと、盛り塩があって。その時に『やっぱりあの時…』って思いました」と、怖い思いをしたそうだ。

    普段から「すごく怖がり」だという笠原は「なるべく暗い道を歩かないようにしています。夜道を歩かないといけない時は、必ず家族と電話をしながら歩いています。何かあった時のため、すぐ家族に分かるように」。

    テレビドラマという新たなチャレンジの一方で、所属するグループは新型コロナ禍で思うような活動ができていない。特にアンジュルムはライブパフォーマンスが評価されているだけに、グループ全体でのコンサートが開けない状況に、フラストレーションが溜まっているという。

    ただ、笠原は「自分を振り返るいい時期になりました」と前を向く。

    「個人的には家族との絆がすごく深まりました。お仕事もできない時期が続いたからこそ、より一層、意欲が高まりました。いろんな思いがありますね」。

    コロナ禍でなければ考えもしなかったであろう「インターネットサイン会」というイベントもあった。

    「いつもやっているサイン会をオンラインでやったんです。ファンの方が視聴してくれていて、コメントとかをすごい書き込んでくれていたので、面白かったですね」と笑顔を見せた。

    将来的には「女優というお仕事もやってみたいな、というふうに思いました」と、新たな目標も生まれた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200825-02107089-tospoweb-ent


    【笠原桃奈(16)「女優になりたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ